カリビアンコムを初めとしたDTIグループに異変


カリビアンコムに動画を納品したとして1月に摘発した制作会社「ピエロ」(東京)などへの捜査で、その制作に関与していた者たちが順次摘発されているようですが、3月に入り、サープ・マイケル・ナオミチ容疑者(34)を逮捕したという報道がありました。

 

容疑は、米国の大手無修正アダルト動画サイト「カリビアンコム」の運営に関与したということのようです。

 

サープ容疑者は、動画を配信用に圧縮する作業にかかわり、「カリビアンコム」が参加しているDTIグループの、コンテンツ制作「メディアクリエーションテクノロジー」に所属していたということですが、運営者側の人間が逮捕されたのは初めてのケースとなりました。

 

ただ、サープ容疑者は日本国籍を有していることのようですので、沖縄にいたところを逮捕出来たのでしょう。

 

そんなこともありDTIグループでは、最近サンプル動画にモザイクを入れてみたり、画像にモザイクを施したりしています。

 

 

このことは、DTIグループ独自の判断なのか、日本の捜査当局との取引みたいなものがあったのかわかりませんが、海外発のアダルトサイトグループの中でも最大規模を誇るDTIグループには、新しいアダルト業界の未来の形を、是非示していただきたいものです。

 

カリビアンコムに願うこと

管理人がカリビアンコムに願うことは、まず制作会社の住所など詳しい明記と、サンプルはすべてぼかしを入れる、ということです。

 

制作会社については、今現在問題になっているのでお分かりかと思いますが、日本の会社でないことと、日本国籍のスタッフがいないこと、日本で制作しないことです。

ぼかしを入れる理由

サンプル動画や画像のぼかしに関しては以下の理由によります。

 

未成年者への配慮

サンプルといえども無修正ですので、これが氾濫することで未成年者の目に触れやすくなります。

 

では修正してあればいいのか!といいますとそうでもないことは承知のことと思います。

 

まあ、その辺の事は今後、DMM.COMに習いましょう 笑。

有料アダルトサイトはサンプルマニアのためにあるのではない

とにかく無料無修正動画を探しまくる人達がいます。

 

それがどんなに危険なことかは、当サイトでもお知らせしていますが、まだまだ多くの方達はその類であることは間違いありません。

 

まあ、そんな方達に高画質の無修正動画を見せても、勿体ないだけです。

サンプル動画でお気に入りの娘探しをしている

有料アダルトサイトの会員経験者の多くは、サンプル動画でその作品に出演している娘さんが、自分好みなのか、どんな内容なのかを見ているので、必ずしも無修正である必要はないのです。

 

サイト運営者側からすれば、「こんなにきれいなマムコに、ティムポが挿入され、出し入れされているところも見れますよ!」的な戦法で会員を増やして来たんでしょうが、今ではそんな発想は古く、無料動画との選別をする時代となっています。

 

修正済み動画と無修正動画との違い

国内の修正済動画を見ていただけると解りますが、ほとんどが単品販売ですので、作品単価は、月額会員方式をとっている、海外アダルトサイトの無修正動画よりも高価になっているのはお分かりかと思います。

 

それでも、国内の修正済動画などは、かなりの販売数を誇り、DMM.COMのアダルトDVDの売上高など、1年で300億円以上もありますので、その他のアダルト動画販売サイトの売り上げを足すと、どれほどの金額になるか創造してみてください、少なくても500億円はあるでしょう。

 

一方、無修正動画配信サイトNo1のカリビアンコムは、会員数が10万人を超えたと言われてますので、金額にして1年で約36億円というところで、DMM.COMには到底及びもつきませんし、全無修正動画配信サイトの総合計でも100億円を超えない状態です。

 

結局多くのアダルト動画愛好家にとって、アダルト動画購入の決め手は、作品の内容であったり、出演女優で動画を選んでいる傾向が良く分かる結果となっています。

 

無修正動画を制作するスタジオとしては、その部分を強調するあまり、作品の内容が乏しくなってしまうことは致し方の無いことですので、今では人気女優の起用に力を入れ、その女優の追っかけに会員になってもらう方法に切り替えている状態です。

 

ということで、サンプル動画やサンプル画像にぼかしを入れることで、無修正動画ファンが離れていっているかといいますと、そんなことは無く、むしろそのことで、日本の当局とうまくやっていけますので、是非積極的に行っていただきたいと願うものです。

 

海外の無修正AV動画配信サイトをジャポルノサイトの呼名で統一しよう!

数年前から、海外で配信されているジャパンポルノが、多くの日本人に認知されるようになりました。それと同時に、様々なネット配信において、性に関する犯罪も多くなりました。その代表的な事に児童ポルノやAV出演の強要があったりします。...

今後、一掃するべき悪質なサイト

このようにカリビアンコムを初めとしたDTIグループで大きな改革が行われたならば、他のグループのアダルトサイトも何らかの変更をすることになるでしょう。

 

ただ、これらは優良サイトに限ったことでして、初めからグレーなサイトなどは、なんの変りもなくいつものように運営していくのは当然ですよね!

 

とにかく業界No1のサイトにメスを入れたことで、他も変わっていくなら捜査当局としては大きな業績になったということですが、問題なのは、犯罪の匂いのするサイトを今後どうするのかということです。

 

管理人からのお願いとしては、まず初めに、個人レベルで動画をアップして、それを販売することが出来るサイトの闇の部分に是非メスを入れていただきたいのです。

 

女の子に、睡眠薬を飲ませ、いたずら動画をアップしてみたり、自分たちのセックスを撮影し、それを彼女の許可もなく勝手にサイトにアップして販売してみたり、コンパニオン募集とか言って女の子を集め、お金を払って言葉巧みにセックス動画を撮影し、販売サイトにアップしてみたりと、闇の部分が数多くありますので、そちらの捜査をお願いしたいものです。

 

そして次に、流失物を垂れ流したり、著作権に触れる行為をしているサイトを一掃していただきたいと願うのです。

 

当サイトの今後

今回のカリビアンコムにまつわる事件で、当サイトのようなアダルトサイトの紹介をしているサイトは犯罪の片棒を担ぐ、いわゆる「幇助」になるんでしょうか?

 

幇助という法律はとってもデリケートな法律でして、例えば、ナイフを持って郵便局を襲った犯人に、そのナイフを売ったお店の方は幇助になるのか?ということです。

 

どうですか、簡単に幇助なんて言葉はつかえないのがお分かりかと思います。

 

ただし、紹介したサイトが無修正動画を配信するサイトであることを解っていての紹介は、ひょっとして幇助として扱われるのかもしれません。

 

しかし会員にならなければ無修正の画像も動画も閲覧・視聴することが出来ないのであれば、今の所は大丈夫なのかとも思っているのですが、共謀罪によって、当サイト管理人カッシーもその一味とされ、起訴されるかもしれませんね!

 

この共謀罪は怖い法律でして、今までの実行行為に直接つながる行為を処罰してきた法を、根底から覆すものなんです。

 

それによって警察権力の増大につながり、例えば数人で集まって何やらの話し合いをしているだけでもしょっ引かれることもありうるんです。

 

それは、戦中にあったとされる「おいこら法案」のことですが、当時のように今後、特攻警察が作られるんでしょうか?規制のない自由は自由ではないといいますが、規制が多すぎるのは、もはや自由とはいえないですよね!

 

やはりこの国は、中国の高官がいわれた、「完成された官僚制社会主義国家」なのでしょうか。

 

そうでないことを切に願いたいものです。

 

それでも、当サイトは優良で安全で安心なアダルトサイトを紹介します。それは、多くの方が詐欺サイトの餌食になっているからで、そうならないためにも詐欺サイトの実態を知っていただき、優良なアダルトサイトはどれなのかを解っていただきたいのです。

 

当管理人は当サイトを運営してみてわかったことですが、やはりこのような比較サイトのようなもは絶対に必要でして、多くのアダルトファンが、私のような失敗の経験をしないように、常に多くのアダルトサイトをチェックして、優良なアダルトサイトだけを紹介することは、私の大事な使命かなと思っています。

 

ですので、当サイトは、まだまだ認知度が低いですが、これからも続けていきたいと思っています。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

お宝アダルト動画サイトはどれがいい?

あなたが無修正アダルト動画サイト初心者の方でしたら、まず初めにtopページをご覧ください。失敗しない無修正アダルト動画サイト選びの方法から、おすすめの初心者向けの無修正アダルト動画サイトまで紹介しています。..

このページの先頭へ戻る