HEYZOからサンプル動画が消えダイヤルQ2復活

海外発のアダルトサイトであるHEYZOから、サンプル動画が消え、その代わりに音声だけのサービスが提供されています。

 

いったいHEYZOになにが起こったのでしょうか?その辺の事情を探ってみます。

 

HEYZOはここ最近、最も勢いのあるサイトとして多くのファンを集めていまして、近い将来にはカリビアンコムや一本道を追い越すのではないかともいわれていたほどです。

 

そんなHEYZOですが、今年の1月に起きた、アダルト制作会社ピエロの社長逮捕で、HEYZOはどこよりも過敏に反応しました。

 

それは、サンプル動画の排除プレビュー画像の排除という形で現れました。

 

では、何故ここまで徹底して変更することになったかは、憶測ですが、やはりHEYZOも、先のピエロ同様に、アダルト動画制作会社であるということがまず挙げられます。

 

それから、ほとんどのアダルト動画制作会社は、独自でHEYZOのような月額サイトを持つことは無く、たとえオフィシャルサイトがあったとしても、単品販売のサイトを有するのみです。

 

このことは大きな意味を持っていまして、それはまず、作品のサンプル動画や画像などが、多くの人の目に触れることが多いということです。

 

そのために、警察当局からカリビアンコムのように目を付けられることにもなるわけです。

 

ですから、変に名指しされて人気を落とすよりも、今のうちに自主規制をしておこうということなんでしょう。

 

実際には、外国籍を持つ会社で尚且つ外国籍の人間による制作販売では、国内法には触れませんので、別になんの変更も必要ではありません。

 

しかし、日本でのマーケットを重視した場合には、変に名前が表に出て、その知名度を落とすよりも、自ら日本にとっても超優良サイトであることをアピールしたほうが得策と考えたのでしょう。

 

そこで、今回のような大幅な変更となりましたが、新しく加わった、まだ何処にもないサービスが開始されました。

 

それが、音声によるサービスです。

ダイヤルQ2の復活?

その昔「ダイヤルQ2」というNTTのサービスがありました事を、あなたはご存知でしょうか。

 

実は管理人もこのサービスをやろうと思い、今から三十数年前、NTTに申請を出しましたが、未だに連絡が来ません。(笑い)

 

そして、何の連絡もないまま、2014年(平成26年)2月28日で、そのサービスは終了してしまいました。

 

当時、私の友人は、身障者の従業員のいることが功を奏して、見事、業者としての運営を認められ、かなりの収益を上げていました。

 

とにかく人気のあった「ダイヤルQ2」というサービスですが、そのほとんどがアダルト系のものでして、当時社会問題にもなる程でした。

 

それは、時間による課金制度でしたので、そのエロサービスにはまり、月に数十万円もの支払い請求を受けたものが多数現れたことによるものです。

 

そして、今回のHEYZOでの新たな取り組みとして登場した、音声によるエロ動画の鑑賞です。

 

まあ、声だけで想像して、興奮してくださいといういことでして、まるで「ダイヤルQ2」の復活のような感さえあります。

 

ご覧のように、以前あったサンプル動画の位置に、音声を再生というボタンが追加されてます。

 

そのボタンを押すと、この作品の全編を音で聴くことができますので、ある意味太っ腹ですね!

 

そして、そのボタンの下に、ローターやらオナニーなどの言葉が並んでいますが、それもボタンになっていまして、例えばオナニーを、クリックするとその場面にジャンプして聞くことが出来る仕掛けになっています。

 

 

ということで、部屋を暗くして、声だけで興奮してみてください。

 

その際には電動オナホールがお勧めです。

 

詳しくはこちらをご覧ください↓
最新のオナホールでおすすめは電動で+1D無修正動画と連動

 

 

 

サンプル動画の復活

2018年2月
サンプル動画が復活しましたが、もちろんぼかしも入れますし、その部分の写しのない動画になっています。
勿論、本編は無修正ということですので、ご心配はいりません。
又、音声でのみのサービスはそのまま利用できますので、色々と機能が増えたことになりますね!
これが現在の、HEYZOの勢いの表れというものです。

このページの先頭へ戻る