膣イキが出来ないですか?アネロスエヴィで開発!

どうしても膣イキあができない女性、又、膣の感度を上げたい女性の為の商品があります。エヴィ
それが、それが医療用としても認められている、アネロスエヴィです。

 

医療用であり、しかも膣の感度を上げるって、それってどうゆうこと?て、思いますよね!

 

でもこれ、真剣に考えだされたものでして、すでに商品化されています。

 

この商品を使用すると、膣内が開発されて、その感度も上がるというものです。

 

具体的に言いますと、膣内のGスポット刺激します。

 

膣の感度を上げるためには、指を膣内に入れてオナニーをする必要がありますが、なかなかGスポットの刺激は難しいので、結局、膣の開発をすることなく、クリトリスをいじってのオナニーで終わっちゃうんです。

 

しかし、この女性用エネマグラと呼ばれるアネロスエヴィを使えば、ハンズフリーの膣の収縮だけで刺激でき、簡単にGスポットの開発が出来るというものです。

 

そして、クリトリス以上の快感を得ることのできる、膣イキを体感することが出来るようになるのです。

アネロスエヴィの効能

解剖学に基づいて設計されたエヴィは、PC筋、骨盤底筋のトレーニングを行うケーゲル体操により、アンチエイジング、更年期障害の改善、性的感度アップに効果が期待されます。

  • 膣の緩み
  • 尿漏れなどの悩みを改善
  • 性感帯の血行がよくなることで興奮と感度上昇
  • 膣の締りくなる
  • 出産する際や産後の子宮等の回復にも非常良い

 

エヴィの頭部がGスポットを反対側の先端部がクリトリスを刺激し、それらが交互に刺激し最高のオーガズムを誘発します。

 

よくある質問

大きくて入れにくそう?

多少見た目は大きいですが、エヴィは女性の身体を徹底的に研究の上、開発されたものでして、十分なローションを使用し、リラックスした状態で挿入すると以外にも簡単に入るので安心してください。

外人向けに作られているのでは?

アネロス製品は米国製ですので、そんな風に感じられますが、実は日本生まれで日系人による開発でして、ただアメリカで製造され、アメリカの企業から販売されているなんです。

 

そして、単なるアダルトグッツとは違い、全世界の女性に合うように設計された膣トレアイテムとして、性の健康用品年間最優秀製品賞を受賞した商品でもあるのです。

 

だから、エヴィを使って心も体も健康になることが出来るんです。

 

どうぞエヴィを使用して、性的感度を高め、SEXで驚くほどのオーガズムを体験させてください。

体験談

 

開拓者  2016/07/06
妻にプレゼントしました。「美容にいいみたい」という一言で、「だったらやってみる」と興味を示しました。
かなり大きく、いきなり挿入は大変そうだったので、まずバイブで絶頂に導いて、しっかり濡れたところで挿入を試みました。 ローションなしで、意外とあっさりインサートに成功。
そのあと「締めてみてごらん」と言うと、締める動作を試みた妻は、次の瞬間「締めるとだめ!ああ!」と叫びました。
「だめって何が?」と、ちょっと意地悪く聞くと、「いっちゃう。いっちゃう」とのこと。
激しくいくわけではないようですが、奥から、じーんとくる快感がたまらないようで、妻は夢中で体の向きを変えたり、締め付けてみたりして、気持のいいところを探っては、静かなオーガズムを楽しんでいる様子でした。
ただ、最初ということもあってか10分程度で疲れてしまい、少し下腹部に痛みも出たようで、そこまでとしました。
抜く時、ひっかかる感じがあり「抜けないのでは?」と心配しましたが、出産経験のある妻は、「ぜんぜんだいじょうぶ」と、自分で簡単に抜いていました。
そのあと普通にセックスしたのですが、妻はいつもより激しく感じていました。 「今日すごい感じる。ああん、友達に教えてあげたいー。でも、言えない」と、身をよじりながら言っておりました。
前戯として使うと、性感を強烈に高める効果があるようです。 たぶん次のセックスの時も、妻はエヴィを「ねだる」のではないでしょうか。

何処で購入するの?

アネロスエヴィは、大人のおもちゃ販売店にありますが、公式サイトでの購入をおすすめします。それは、万が一問題が生じた時などに、公式サイトなら即時対応してもらえるからです。

 

又、価格の面でも、今なら通常価格:\ 10,020 のところ、\ 9,100 での提供となっています。

 

エヴィスターター セット

 

気持ちよくなりながら美しくなれる世界初の女性用アネロスエヴィ、エヴィとアネロス社オリジナル注入器付ローション・マークスマン( 5ml x 6個入り )をセットでの販売になります。

 

エヴィスターター セット

このページの先頭へ戻る